キャリア&ライフリズム研究家 いのまた美き

人生・仕事に活かすテクニックを解説、日々のイベント情報も掲載しています。

You can see any categories

category: コミュニケーション術  1/3

短気&キレる キャラクターTOP2とは!!

元国会議員が「このハ○~」「ちがうだろーーー」など、暴言が話題になりました。なぜキレるのか??それは・・・「せっかち」だから。 自分の思い通りに進めたいので、そうでなくなると、イライラしたり、感情的になったり、短気になってしまうのです。それでは、TOP1の発表です・・・TOP1「太陽気質ファイター」ファイター全ては、非常にせっかちです。白黒はっきりさせなかったり、物覚えが悪いのを嫌います。あとムダが大嫌...

  •  -
  •  -

本音を話していない・・ダントツ1位は・・

・本音を話していない・秘密主義・建前しか話していない実はキャラクターから分かってしまいます。自分の本音を明かさないダントツ1位は「月気質 堅実型」中でも「月気質 堅実型 賢人タイプ」「月気質 堅実型 孤高タイプ」は、これに該当します。なぜ話さないのか??これはキャラクターの特性にあります。まず、月気質 堅実型 賢人タイプは、建前と本音が著しくかけ離れています。なぜなら、他者評価を気にしているから。...

  •  -
  •  -

数字統計学コミュニケーションのメリットとは?

お客様とのやり取りで・・・。私へ送信した内容があとあと見直したら、良くなかった。反省していると、ご丁寧にお詫びのメールを頂きました。お客様の資質は把握しているので、メールの内容や行動においてこれとこれのMIXでこうなったんだな・・など瞬間的に分析をしてしまいます。だから、「何これ?」と全く感じなかったのです(笑)しかし、これを知らない方であれば、メールの一言一句なぜ??と疑問に感じる方もきっといるのだ...

  •  -
  •  -

徳川家康こそコミュニケーションの達人

江戸幕府は徳川家康から始まり、260年という非常に長い年月。徳川家康の記述を読むと・・コミュニケーション上手だから長い間、天下だったのかと思わざるをえません。実は、ホトトギスを使ったたとえにヒントが隠されています。織田信長「殺してしまえ」豊臣秀吉「泣かせてみせよう」徳川家康「泣くまで待とう」織田信長や豊臣秀吉は、傲慢で高圧的イメージ。これはコミュニケーションおブス①傲慢タイプに属する表現。一方家康...

  •  -
  •  -

コミュニケーション おブス その③ 仮面タイプ 

コミュニケーション・おブス 仮面タイプさて、最後のパターンをご紹介します。それは「本音は話さない」仮面タイプです。こんな感じかな? と箱の蓋を開けてみたら、予想外の物が入っていたというイメージ。このタイプは、本心とは真逆の言動を敢えてします。なぜか?理性が優位なので、願望を押し殺し、何をすべきなのか?を第一に行動するから。これは資質がそうさせているので、二重人格者ではありません。ではチェックしてみ...

  •  -
  •  -