キャリア&ライフリズム研究家 いのまた美き

人生・仕事に活かすテクニックを解説、日々のイベント情報も掲載しています。

Here's my archive page

archive: 2015年10月  1/1

戦力流出は人事部で防ぐ!

先日、入社5年目は人生のターニングポイントという記事を書きましたが・・資質の変化を遂げた人は、今までのキャリアを捨て、会社を辞める方もいらっしゃいます。会社としても、折角コストと時間をかけて育ててきた人材を手放すことに。私も父の会社勤務時代に採用の面接担当もしておりましたが、「仕事が合わない・・」「イメージと違った・・」という理由で1年以内に退職する人を数多く見てきました。そして、また求人を出して...

  •  -
  •  -

オリジナルサービス作りは「ケーキ作り」と同じ

フリーで活動している方、同業者が多い方自分のウリやカラーをどう出すか?苦戦しているはずです。1年前にFBで書いた記事がありましたので、これをベースに書いてみたいと思います。サービスを構築するポイントをユダヤ式数字の観点からお話をします。ケーキに例えてご説明しますね。①ケーキ種類は「キャリア」から どんなケーキを作るのか?チョコレートケーキ?ショートケーキ?チーズケーキ?これは今までの経験則から決定しま...

  •  -
  •  -

幼少期の行動こそ100%素の適性

前回は、適性について書きました。適性を日常で出すのは難しいという方・・幼少期の頃を思い出してみましょう。 自分がやりたいことは時間を忘れて無我夢中でやっていませんでしたか? 出来たときの喜びは大きく、達成率も高いはず。表情も活き活きとしていたでしょう。逆にやりたくないことは、気が進ます、手がとまり、周りから言われ嫌々ではないでしょうか? 達成率も当然低くなります。  幼少期は、理性が未発達な状態。...

  •  -
  •  -

「適性=職業限定」という考えはやめよう

よく「適性」という言葉を耳にします。アドバイスでも「私に向いている仕事って何ですか?」よく聞かれます。適性を知ることは大切だと思います。でも「知って終わり」になっていませんか??次のステップへ活かしていますか?知ることが最初のステップで、活かさないと意味がないのです。活用しているという方は、意外に少ないと思います。なぜなら、大人になると「常識とかルールとか理性」が優位になるから。大人になると、適性...

  •  -
  •  -

資質の大きな変化でも成功した実業家

昨日の記事に引き続き、資質の変化が起きた方で著名な方を紹介します。ビルゲイツ氏「攻めるから守る」へと変化しています。対極した資質へ変化した場合、何よりも自分が困惑し不安を覚えるのです。例えば、ビルゲイツ氏の資質の場合、こんなことで苦しむはずです。「臆病になったなー。」「守りに入るなー。年かな・・。」ほとんどの人は昔の自分を正常と考えるので、基本的にマイナス変化と捉えがち。もちろん、周りの人々も「あ...

  •  -
  •  -

27歳は終わりと始まりの年

今日は、人生の分岐点・折り返しについてお話したいと思います。そもそも人間は、いくかの相反する数字を持っています。6割位の人々は、27歳頃に資質の移り変わりを感じ始めます。27歳といえば、ちょうど入社5・6年目ですね。私は就職活動をしたことがありませんが、大学3・4年から就職活動を経て、1年目を迎え、自分が就きたい仕事であれば、キャリアビジョンと人生設計を考えるでしょう。 しかし、その5年後に「落とし...

  •  -
  •  -