キャリア&ライフリズム研究家 いのまた美き

人生・仕事に活かすテクニックを解説、日々のイベント情報も掲載しています。

Take a look at this

離婚を考えてしまう要因 ②

  08, 2016 19:06
離婚がテーマ、今日で完結です。

1回目のブログのアクセスが多く、
多くの方が抱えている問題と実感しました。



190319.jpg


離婚をしたいと考える要因は2つと解説しました。
一つ目は、「バイオリズム」
二つ目は、「資質の変化」


最後に資質の変化について解説をします。



このケースで離婚を希望する方は、
「あの人は変わった。もう無理です。」
「○○として生きたいから別れたい。」


性格の不一致を訴えます。


この性格の不一致は離婚事由の第1位とも言われ、
これは正しく「資質の変化」が原因です。


資質の変化とは、その人によって違いますが、
27歳位から資質の変化が起きはじめます。



以前は、OKな相手の言動が不満に感じたり、
以心伝心ができなくなったり、良かれと思ったことが
相手にとってはストレスに感じたりと、
コミュニケーションが噛み合わなくなってきます。




そして、パートナーとの関係が良好になる法則とは、

「凹凸の法則」
「願望一致の法則」





例えば・・・こんなカップルがいます。

女性「男性に守って欲しい」
男性「女性を守ってあげたい」

法則にマッチしているのでうまくいきます。


しかし、資質が変わる人だったら?
どうなるでしょう。

↓↓↓

女性「自分で行動したい、男性にアレコレ決められたくない。」


男性「健気な女性がタイプなのに、あれ?言うことを聞かない。」



これは女性が変わってしまったパターン。
こうして、ひずみが生じ破綻の確率が高くなります。
資質の変化があまり起きない人はここまではないでしょう。



しかし、約6割の方は資質の変化が生じています。
片方が変わるか?お互いに変わるか?
もちろん個々に違います。




また名前から判明する資質もあり、
ほとんどの人は、結婚後にお目見えするので、
「こんな人じゃなかった・・」とこれも破綻の確率が高くなります。




もしこれに該当する場合、「別れた方が??」
と思った方・・・・それは危険ですよ!!


結論から言うと
「100%相性が良い異性は存在しません。」





ひとりの人間は複数の資質があるからこそ、
全てを満たす人間は存在しないのです。




どんな関係でも必ず「一長一短」があります。


一短が自分にとって許容範囲であるか?
これが関係性の継続率を左右します。




そして攻略法を知ると、相手の喜ぶポイント、嫌がるポイントが
明確になるので、より自分らしくいられるので、
前ほどイライラしないというメリットがあります。




「自分を知り、相手を知る」



離婚を考えている方・・・
まずは知ることから始めましょう。






*********************************************************

(イベント・セミナー情報)

(ビジネスを加速させたい方向け)
2月18日わたしスタイルラボ主催セミナー
あなただけの「強み」を活かし成功を加速させる!
女性経営者・個人事業主のための「ユダヤ式ナンバーコード」セミナー

http://mamashacho.com/?p=13192

(教育・お子様向けサービスの方へ)
2月9日@新宿  3月7日@さいたま
子供のサクセスストーリー講座
http://mikizu.com/l_kids.html


4月16日NHKさいたま・仙台開講予定


********************************************************


メルマガ
最初は、7日間にわたり数字の基礎を簡単に解説します!


数字を活用するポイント、考え方などを
成功スピードが加速するポイント満載です。

また、FBやブログで書けない領域まで
踏み込んで書いていきます!!

(前のメルマガを登録なさっている方は再登録お願いします!)

1日目数字統計学とは
2日目数字統計学の仕組み
3日目数字統計学って占いなの?
4日目何の情報を持って分析するの?
5日目生年月日と名前どちらを尊重するの?
6日目バイオリズムとは?
7日目そもそも何故ユダヤなの?

申し込みはこちらから



















スポンサーサイト
  •   08, 2016 19:06